利用規約

<<クロネコ@ファックス利用規約>>


ヤマトシステム開発株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が運営するクロネコ@ファックス(以下「本サービス」といいます。)を第1条に規定するユーザー等が利用するにあたって、その全てのユーザー等に適用されるクロネコ@ファックス利用規約(以下「本規約」といいます。)を以下のとおり定めます。

第1条(本サービスの提供条件)

本サービスは、本規約に基づき運営されるサービスであり、当社は、本規約の内容を承諾し、本サービスの利用登録を行った者(以下「ユーザー」といいます。)に対して、本サービスを提供します。また、当社は、本サービスのうち利用登録を行わずに利用可能なサービスについては、ユーザー以外の者(以下「一般利用者」といいます。)に対しても、これを提供します。但し、いずれの場合においても、ユーザー及び一般利用者(以下併せて「ユーザー等」といいます。)は、本規約に同意した上で本サービスを利用することが条件であり、当社は、本サービスの利用を以って、ユーザー等が本規約に同意したものと見做します。

第2条(本規約の範囲及び変更)

  1. 本規約は、ユーザー等が本サービスを利用するにあたっての一切に適用されます。
  2. 当社が、本規約の他に、本サービスを提供する手段または媒体を通じて随時ユーザー等に公表する「お知らせ」「注意事項」や「サービスマニュアル」等の本サービスの利用上の規定やその他の利用条件等の告知(以下併せて「利用規約等」といいます。)は、名目の如何にかかわらず本規約の一部を告知するものとし、ユーザー等はこれを承諾するものとします。
  3. 本規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。
  4. 当社は、ユーザー等の事前の承諾を得ることなく本規約を随時変更できるものとし、ユーザー等はこれを承諾するものとします。この場合の本サービスの利用条件等は、変更後の本規約によるものとします。また、変更後の本規約については、当社が別途定める場合を除き、当社が本サービスを提供する手段または媒体を通じて公表した時点から効力を生ずるものとします。

第3条(ユーザー)

ユーザーとは、本サービスの利用登録を正常に完了し、本サービスを利用する者をいいます。

第4条(ユーザー登録と資格)

  1. 当社は、当社所定の方法により本サービスの利用登録を正常に完了した者に対して、ユーザーの資格を付与します。
  2. 当社は、ユーザーに対して、本サービスの利用登録にあたり、1090に連なる6桁の数字を含めた10桁の番号(以下「アカウント」といいます。)を付与します。但し、6桁の数字は登録を行う者の任意設定としますが、他のユーザーと同一の数字による設定はできないものとします。また、アカウントの告知及び付与の方法については前述の範囲に留まらず、他のユーザーのアカウントと重複しないことを前提に、当社の裁量を以って別途設定あるいは変更できるものとします。
  3. ユーザーの資格は、本規約違反またはユーザー自身による利用登録の解除あるいは本サービスの廃止が行われない限り、継続して付与されるものとします。但し、第12条の規定により、その資格を失う場合があります。

第5条(アカウントの管理責任)

  1. ユーザーは、アカウントを第三者に使用させず、譲渡、売買、貸与等を行わないものとします。
  2. ユーザーは、本規約に基づき付与されたアカウントの管理、使用について一切の責任を負うものとし、当社に損害を与えてはならないものとします。
  3. ユーザーは、自己のアカウントの使用による本サービスの利用(第三者による使用を含みます)に関して、一切の債務を負担するものとします。

第6条(受信メール及び受信ファクスのプリント)

  1. 本サービスにおいて、ユーザーは、クロネコ@ファックスのサービス提供システム(以下「本システム」といいます。)がアカウントとクロネコファックス・ドット・ネットのドメインにより告知されるメールアドレスで受信したデータ及びユーザー用ファクス受信電話番号ならびにアカウントと同一の識別番号で受信したファクスデータを、当社がコンビニエンスストアなどに設置したクロネコFAXまたは、当社との契約により本システムとの接続設定がなされたその他の情報端末機(以下「その他端末機」といいます。)を利用してプリントするものとします。但し、ユーザーは、クロネコFAXまたはその他端末機の利用にあたって所定の利用料金を負担するものとします。
    また、メールやファクスの受信データのプリント規定については、ユーザーのみならずユーザー等の範囲においても適用するものとします。
  2. 当社は、前項の場合において、クロネコFAXまたはその他端末機と本システムとの間で不整合による接続不良その他の問題が発生したとしても、一切の責任を負わないものとします。
  3. 第1項の規定により、ユーザー等が本システムに受信データのプリント要求をなし、本システムが当該データのユーザー等への受け渡しが正常に完了したと判断した場合には、その時点をもって当該データは自動的に消去されるものとします。
    尚、当該データの消去については、第15条の規定に基づくものとします。
  4. 当社は、前項に基づく受信データの消去手段に関して、いかなる責任も負わないものとします

第7条(受信メール及び受信ファクスの制限)

  1. 本システムが受信可能なデータは次の各号に定めるとおりとします。
    1. メールについては、メール本文と添付ファイルとします。尚、添付ファイルについては、ファイル名に「"」「'」「,」「.」「&」「+」「/」「|」「:」「;」「<」「=」「>」「%」「?」「*」「_」の半角文字が含まれず、拡張子が「.doc」「.xls」「.ppt」「.pdf」「.tif」「.jpg」「.jpe」「.jpeg」「.xdw」で容量が2,048KB以内、サイズがA3迄のものとします。但し、本システムが受信データの変換を行う際に、30ページを超えてしまうメール本文や添付ファイルがある場合、あるいはファイルと拡張子が異なる場合、拡張子や容量またはサイズが規定外である場合においては、ユーザー等がクロネコFAXやその他端末機からプリントできなかったとしても、当社は何らの責任を負わないものとします。
    2. ファクスについては、サイズがA3迄のもので30枚までとします。
    3. 前二号について、クロネコFAX及び複合機を除くその他端末機からのプリント時には、受信サイズがA3であったとしてもA3からA4に自動的に縮小されるものとします。
  2. 当社は、ユーザー等がクロネコFAXまたはその他端末機からプリントできる受信メール及び受信ファクスの制限を適宜変更できるものとします。

第8条(ユーザーへの受信通知)

  1. 本システムがメールやファクスを受信した場合には、当該ユーザーの携帯電話に対してメールにより受信通知を行うものとします。
  2. 前項の受信通知は1回のみとし、当該受信通知が電波状況やユーザーの環境またはシステムの故障等により正常に通知されなかった場合でも、当社は一切の責任を負いません。
  3. ユーザーは、受信通知に表示されるURLにアクセスすることにより、受信データの項目(以下「受付情報」といいます。)を確認することができるものとします。但し、受付情報は、受信データの内容そのものではありません。

第9条(受付情報の受付番号、プリント予約番号、文書番号)

  1. ミニストップのコピーFAX複合機でネットワークプリントを利用してプリントする場合
    受付情報には、10桁の数字からなる「文書番号」が付与されます。尚、文書番号が付与されるのは、受信データがメールの場合であってファイルごとのみとなります。
  2. セブン-イレブンのマルチコピー機でプリントする場合
    受付情報には、アルファベット大文字と数字が混在する8文字の「プリント予約番号」が付与されます。尚、受信データがメールの場合は、ファイルごとのみにプリント予約番号が付与されるものとし、受信データがファクスの場合は、一つのプリント予約番号が付与されるものとします。

第10条(登録情報)

  1. ユーザーは、本サービスの利用登録時において、ユーザー自身の携帯電話メールアドレス、第4条に規定するアカウント及びユーザーの任意設定による4桁のパスワードを登録するものとします。
  2. ユーザーは、前条により登録された情報(以下「登録情報」といいます。)のうち、携帯電話のメールアドレスに変更があった場合は、速やかに所定の方法により自ら変更登録を行うものとします。
  3. 前項の変更登録を行わなかったことによりユーザーが不利益を被ったとしても、当社は何ら責任を負わないものとします。

第11条(登録情報の利用目的)

  1. 当社は、本サービスの提供を目的に登録情報を利用します。
  2. 当社は、登録情報に誤りがある場合、または前条第2項の変更登録がなされなかった場合は、本サービスの提供を拒否することができるものとします。

第12条(登録情報の抹消等)

  1. 前条第2項の規定において、登録情報の訂正あるいは変更が1ヶ月以上におよび行われなかった場合には、当社は当該登録情報を抹消することができるものとします。
  2. クロネコFAXまたはその他端末機から受信データをプリントすることなく、受信通知や受付情報の範囲でしか本サービスの利用がないと見做されるユーザーに対しては、当社は、当該ユーザーの承諾を得ることなく登録情報を抹消することができるものとします。また、当該登録情報抹消者の再登録と判断される新規ユーザー登録申し込みについては、その申し込みを拒絶できるものとします。

第13条(本サービスの内容変更及び廃止)

  1. 当社は、ユーザー等に対する事前の通知なくして本サービスの内容や名称を変更することがあります。当該変更には、利用料金の変更やサービス内容の部分的改廃が含まれますが、これらに限定されるわけではありません。
  2. 当社は、自己の判断により、ユーザー等ごとに本サービスの提供範囲や利用料金について、別途設定や変更を行うことができるものとします。
  3. 当社は、ユーザー等に対する事前の通知なくして、本サービスを廃止することができるものとします。

第14条(本サービスの一時的な中断)

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザー等に事前に通知することなく、本サービスの運用を一時的に中断できるものとします。
    1. 本システム等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合。
    2. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
    4. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    5. その他、運用上または技術上、当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。
  2. 当社は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供に遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するユーザー等または第三者が被った損害については、一切の責任を負わないものとします。

第15条(受信メール及び受信ファクスの保存期間及び消去)

  1. 本システムが受信した受信メール及び受信ファクスの保存期間は、当該システムの受信終了時の日を受信日とし、その翌日の24時までとします。
  2. 前項の日時を経過した場合、本システムが保存している受信メール及び受信ファクスは自動的に消去されるものとします。
  3. 日時の基準及び管理は、本システム内の時計機能に委ねるものとします。
  4. 第6条第3項のユーザー等が本システムに受信データのプリント要求をなし、本システムが当該データのユーザー等への受け渡しが正常に完了したと判断した場合とは、本システムとクロネコFAXまたはその他端末機との間の通信状態が正常で、本システムが当該データの送出を無事終了したと判断した場合をいいます。従って、クロネコFAXやその他端末機に不具合あるいは用紙切れまたは紙詰まりなどの問題が発生していたとしても、当該データは自動的に消去されます。

第16条(禁止事項)

ユーザー等は、本サービスの利用にあたって以下に該当する行為またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。

  1. 公序良俗に反する行為。
  2. 法令に違反する行為。
  3. 犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為。
  4. 第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為及び第三者の財産、肖像権、プライバシーを侵害する行為。
  5. 第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
  6. 第三者に不利益を与える行為。
  7. 本サービスの運営を妨害する行為。
  8. 本サービスを営利目的に利用する行為。
  9. 他のユーザーのアカウントやパスワードを不正に使用する行為。
  10. その他当社が不適切と判断する行為。

第17条(ユーザー等の責任)

  1. ユーザー等は、ユーザー等による本サービスの利用とそのサービスを利用してなされた全ての行為とその結果について、一切の責任を負います。
  2. ユーザー等は、本サービスの利用に伴い、第三者からの問い合わせやクレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  3. ユーザー等は、第三者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該第三者に対して直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. ユーザー等は、本サービスの利用により、当社または第三者に対して損害を与えた場合(ユーザー等が本規約上の義務を履行しないことにより第三者または当社が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもってその損害を賠償するものとします。

第18条(当社からの情報配信)

当社は、当社の都合または必要に応じて、ユーザー等に対し適宜情報を配信することができるものとし、ユーザー等はこれを承諾するものとします。但し、当該情報配信の手段は、本サービスを利用して行う場合と、携帯電話またはパソコンへのメール送信により行う場合があります。

第19条(商品等の広告)

当社は、必要に応じて本サービスを提供する手段または媒体上に、第三者の商品等の広告を掲載することができるものとします。但し、当該商品等の広告の内容及び販売に関しては、当社は何らの責任を負わないものとし、ユーザー等はこれを承諾するものとします。

第20条(利用料金等)

  1. ユーザー等は、本サービスの利用にあたって、当社が定める利用料金やその他の料金(以下「利用料金等」といいます。)を当社が定める方法により支払うものとします。
  2. 当社は、事前に通知することなく、前項に定める利用料金等の金額及び支払方法等を変更することができるものとします。
  3. 当社は、理由の如何を問わず、既に支払われた利用料金等の払い戻しには一切応じないものとします。
  4. 本サービスの利用登録や利用の際に発生する通信費用はユーザー等の負担とし、ユーザー等が当該電気通信事業者等の定める支払条件に従い支払いを行うものとします。

第21条(免責事項)

  1. 本サービスの内容は、当社がその時点で提供可能なものとし、ユーザー等に対する当社の責任は、ユーザー等が支障なく本サービスを利用できるよう善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限られるものとします。但し、本サービスの遅延、変更、中断、中止もしくは廃止及び本サービスにおける登録情報や受信保存データの流失あるいは消失等、またはその他本サービスに関連して発生したユーザー等の損害について、当社は何らの責任も負いません。
  2. 当社は、本システムが媒介する送受信データ等及び第三者からユーザー等に送信されてきたデータ等について、その安全性、正確性、確実性、有用性等に関し、いかなる保証も行いません。
  3. 本サービスのアカウントで告知されるメールアドレスまたはファクス受信識別番号、パスワード、受付番号の管理は、当然にユーザー等の責任によるものとします。当社は、それらの情報が第三者に利用された場合でも、本システムが一致していると判断した限り、その利用を当該ユーザーまたは当該ユーザー等が許可した者からの利用と見做して本サービスを提供するものとし、これにより当該ユーザー等が損害を被った場合でも、当該ユーザー等の故意過失に係わらず一切の責任を負いません。
    また、ユーザー等は、当該第三者による本サービスの利用に係わる利用料金やその他の債務の一切を負担するものとします。
  4. 当社は、次の各号の場合において、一切の責任を負いません。
    1. 第三者が誤って送信したメールやファクスの受信について、その受信通知及び受信データのプリントに要した当該ユーザー等の費用負担。
    2. 第三者の宣伝広告や勧誘を目的としたメールやファクスの受信について、その受信通知及び受信データのプリントに要した当該ユーザー等の費用負担。
    3. 悪意の第三者から送信されたメールやファクスの受信について、その受信通知及び受信データのプリントに要した当該ユーザー等の費用負担。
    4. その他本サービスの利用上での過誤及びアカウント、パスワード、受付番号の失念または喪失による回答義務。

第22条(通信の秘密)

  1. 当社は、ユーザー等の登録情報や通信記録の開示については、必ず事前に当該ユーザー等の承認を得るものとします。但し、本サービスの提供に必要な範囲で業務委託先に開示することができるものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、当社は、次の各号に定める場合には、前項に規定するユーザー等の登録情報等を開示することがあります。
    1. 法律、裁判所、行政機関の命令により開示する必要がある場合。
    2. 当社の権利、財産を保護し、または防御するために必要な場合。
    3. 緊急事態においてメールやファクスの送受信の安全性を保護する必要がある場合。
    4. その他本サービスを維持するために必要であると当社が合理的な理由により判断した場合。
  3. 当社は、本サービスにおいて本システムが媒介する第三者またはユーザー等の受信データに関し、その内容を閲覧あるいは編集することは一切ありません。

第23条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第24条(専属的合意管轄裁判所)

ユーザー等と当社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


附則
2003年04月01日 制定
2005年05月10日 改定
2009年05月10日 改定
2011年03月23日 改定
2013年08月12日 改定



プライバシーポリシー


ユーザー等の個人情報や通信記録の開示については、当社は次の場合を除き、必ず事前に当該ユーザー等の承認を得るものとします。

  1. 法律、裁判所、行政機関の命令に従うため。
  2. 当社の権利、財産を保護しまたは防御するため。
  3. 緊急事態時に於けるメールやファクスの送受信の安全性を保護するため。
  4. 本サービスを維持するために必要であると当社が合理的に判断した場合。

当社は、本サービスで本システムが媒介する第三者またはユーザー等の送受信データに関し、その内容を閲覧あるいは編集することは一切ありません。また、利用履歴を本サービス管理者以外に開示することもありません。

このページのトップに移動する このページのトップに移動する

ユーザー登録を行うには、
「利用規約に同意」のボタンをクリックしてください。

尚、ユーザー登録を行わずに一般向けサービスを利用された方にも
この利用規約が適用されます。

利用規約に同意

戻る 戻る

利用規約

クロネコ@ファックスをご利用の際はこちらの利用規約をご確認ください。